精神神経免疫学(PNI)と鍼灸-1

<精神神経免疫学とは>
 精神神経免疫学(PSYCHO-NEUROーIMMUNOLOGY)とは、米国を中心として誕生した新しい学際的分野である。これは生体にホメオスターシス(恒常性維持)の機能を司る自律神経系、内分泌系に新しく免疫系を加え、心と体の関係を調べようという学問であるとともに、生体の備わっている治癒力を研究する分野でもある。最近では人間の精神、感情の変化も免疫系に大きく関与することがわかった。PNIの発展により様々な成果が報告されているが、その中には、配偶者の死別と免疫系の働き、宇宙飛行士の免疫能、結婚生活の破綻ストレスや試験ストレス等を対象としたものもある。免疫系を通して心の「乱れ」を観察し、ストレス度を客観的に捉えようとした研究で、それらの報告によれば、T・B細胞の機能低下、NK細胞活性の低下、血漿IgA、IgG、IgMの有意の上昇、PHAーConA反応低下(PHAとCONAリンパ球幼弱化反応)等が実証され、明かに心の「乱れ」による免疫能の低下が示されている。
 昔から、「病は気から」で、深い悲しみやストレスが原因で、感染症や癌に罹患し易くなることはよく知られているが、同時に食欲不振、欝的気分、倦怠感、疲労感を引き起こす。欝病は、様々な疾患の発生と関連しているが、最近では慢性疲労症候群との関連で注目されている。
 筑波大学名誉教授の村上和雄先生は吉本興業と共同で笑いと免疫の関係を研究し笑いによって免疫力が増加する事実を突き止めたことは有名な話。「笑う門には福来たる」は「福が来たから笑っている」のではなく、「いつも明るく楽しい家庭は皆健康で幸せになる」という意味ということである。
 図はPNIにおける、心(精神)と自律神経系、免疫系及び自律神経系に大きく関わる内分泌系の関係を示したものである。この自律神経系-免疫系-内分泌系が「身体」の調節機構で、「身体」のホメオスターシスを担う機構である。これに「心」が大きく影響するということであるが、「心」の変化(良くも悪くも)が「身体のホメオスターシス機構」に影響を与える(心が良ければ良い方に、悪ければ悪い方に)ということだけでなく、「身体」の変化も同様に「心」に影響を与えるということでもある。<続く>
PN I

コメントを残す