今週のお花(ダリア・スイートピー・白木・ドラセナ・アルストロメリア・フリージア・レースフラワー・コットン)

花材:ダリア・スイートピー・白木・ドラセナ・アルストロメリア・フリージア・レースフラワー・コットン

52

[ ダリア ]
科/属 : キク科ダリア属
形 態 : 球根植物
学 名 : Dahlia
原 産 : メキシコからグアテマラ
別 名 : 「テンジクボタン(天竺牡丹)」

[ スイートピー ]
科/属 : マメ科レンリソウ(ラティルス)属
形 態 : 一年草または宿根草
学 名 : Lathyrus odoratus
原 産 : イタリア・シチリア島
別 名 : 和名「香豌豆(カオリエンドウ)」「麝香連理草(ジャコウレンリソウ)」「麝香豌豆(ジャコウエンドウ)」

[ 白木 ]
塗料で白く塗った枝のこと。使われる枝は、ツツジや雪柳、カラタチなど、種類は色々。クリスマスの雰囲気を出したいときによく使われる。

[ ドラセナ ]=正しくはコルディリネ・フルティコサ 
科/属 : キジカクシ科センネンボク(コルジリネ)属 ※リュウケツジュ科、リュウゼツラン科で分類される場合もある
形 態 : 常緑低木
学 名 : Cordyline fruticose(旧学名:Cordyline terminalis)
原 産 : 東南アジア、オーストラリア、ニュージーランド
別 名 : 和名「センネンボク(千年木)」、英名「ツリー・オブ・キング」
その他 : 生花店では「コルジリネ・スノーホワイト」「コーディライン・スノーホワイト」「青ドラセナ」の名で売られる。園芸上、姿が似ているので「ドラセナ」と呼ばれることも多いが誤用である。ドラセナ属とは違い、コルジリネ属は地下部に多肉質の根茎があるのが特徴。

[ アルストロメリア ]
科/属 : ユリズイセン科ユリズイセン(アルストロメリア)属
形 態 : 多年草
学 名 : Alstroemeria
原 産 : 南アメリカ(チリを中心にブラジル、ペルー、アルゼンチンなど)
別 名 : 和名「百合水仙(ユリズイセン)」「夢百合草(ユメユリソウ)」。また、原産地とその花姿から「ペールのユリ」「インカ帝国のユリ」などの異名がある。
その他 : スウェーデンの植物学者アルストロメール(1794年没)の名に由来

[ フリージア ]
科/属 : アヤメ科フリージア属
形 態 : 多年草
学 名 : Freesia
原 産 : 南アフリカ
別 名 : 和名「アサギスイセン(浅黄水仙)」、中国名「コウセツラン(香雪蘭)」
その他 : 南アフリカの喜望峰近辺が原産で、世界でアフリカ大陸にしか存在しない小さな種である。

[ レースフラワー ]
科/属 : セリ科アンミあるいはアミ(ドクゼリモドキ)属
形 態 : 一年草
学 名 : Ammi majus
原 産 : 地中海沿岸地方~西アジア
別 名 : 毒芹擬き(ドクゼリモドキ)

[ コットン ]
科/属 : アオイ科ゴッシピウム(ワタ)属
形 態 : 多年草・低木
学 名 : Gossypium
原 産 : 熱帯アジア・アメリカ
別 名 : 和名「ワタ(棉または綿)」、英名「Cotton(コットン)」または「ツリー コットン(tree cotton)」
その他 : 花色は黄色・白・ピンク・紫など。7~9月頃に開花し、花が散った後に丸みを帯びた実が熟すと、はじけてワタが出てくる。ワタの収穫は9~11月。これをドライフラワーにしたものが、10~12月頃に花材として出回る。

コメントを残す