精神神経免疫学(PNI)と鍼灸-2

精神神経免疫学(PNI)と鍼灸-2

<逆制止理論>
 行動療法(認知療法、behavior therapy:BT)は、学習理論、行動心理学の立場から、神経症、心身症の症状は誤って、又は不適切に学習された結果とみなし、その行動変容をはかろうとする療法のことで、行動療法では、心理的不安と身体的な弛緩(筋弛緩)とは拮抗すると考え、弛緩状態では不安は生じないとし、この現象を「逆制止」と呼んだ。
 行動療法における逆制止理論に基づき、筋弛緩法(JacobsonーWolpeの筋弛緩訓練法)が提唱された。ここでは神経症的不安に拮抗するのは逆制止現象であるとして、筋弛緩訓練が最も重要とするものである。一般的にはリラクゼーション訓練法とも解釈できる。行動療法においても催眠療法、ヨーガ、禅、自律訓練法、バイオフィードバック法の何れにおいても心身のリラクゼーションが基本であるので、この訓練法は有意義である。
<逆制止理論と鍼灸>
 さて、鍼灸治療では治療後に身体だけでなく、「気分もすっきりした」を仰る患者さんが多く、単に心身相関で体が軽くなったので心も軽くなったのではないかと了解していた。また、背中の筋肉(脊柱起立筋など)は重力に対抗して身体を支える筋肉(抗重力筋)なのでうつ伏せ(腹臥位)になっているときは本来柔らかくなって緊張がとれてなくてはならないのだが、中にはうつ伏せでもカチンカチンになっている患者さんが結構いる。当然のことながら、緊張のある筋肉には(脊柱起立筋部には重要な経穴が多々ある)鍼を刺すのであるが、1~2回ではとても無理だが徐々にうつぶせになった時の脊柱起立筋部の緊張がとれてくる。そういう場合には、当の患者さん達は鍼治療をすると気分がすっきりしていろいろな不安や悩み事が嘘のように気にならなくなった、という方が沢山いらっしゃるのである。そして表情も穏やかになっていくのである。
 正に鍼治療によって筋弛緩訓練と同様の効果が出て結果的に神経症的症状を和らげていたのであった。 

コメントを残す