精神神経免疫学(PNI)と鍼灸-3

PN I

<実存性>
 2003年に千葉幕張メッセで行われた第53回全日本鍼灸学会で初めてシンポジウムで「癌」が取り扱われた。私と金井実行委員長が司会とコーディネーターを務めたのであるが、このシンポでシンポジストの一人で鍼灸と漢方を併用して心療内科医である浜松医科大学保健管理センター(当時)の永田勝太郎氏は全身に癌転移した70代後半の女性が、息子に連れられていった北海道の雄大な景色を見て感動し、もっと綺麗な景色が見たいという衝動に駆られ、命を諦めていたが生きる意味を見つけ(実存性)てから見る見る元気になり、外国旅行にも行くようになった。そして、全身に転移していた癌もすっかり消えてしまい。90歳近くまで元気に生きられ天寿を全うしたという報告をされた。
 このように、ただ漫然と生きるのではなく、深い感動と伴に生きる意味・価値を見いだす(実存性)ことにより免疫力が亢進することを幾つかの症例と伴に、医学的な見地からも免疫力が亢進することを証明された。もちろん、実存性だけでなく、漢方薬と鍼灸治療を併療することでより免疫力が高まるということである。

コメントを残す