今週のお花(ユーカリ・エリンジューム・バラ・スプレーデルフィ・トルコキキョウ・ドラセナ)

花材:ユーカリ・エリンジューム・バラ・スプレーデルフィ・トルコキキョウ・ドラセナ

53

[ ユーカリ ]
科/属 : フトモモ科ユーカリノキ属
形 態 : 常緑性高木
学 名 : Eucalyptus
原 産 : オーストラリア、タスマニア島、ニュージーランド
別 名 : ユーカリ樹(ユーカリジュ)
その他 : コアラが食べる葉っぱと思われていますが、コアラが食用とするのは、ごく一部の種のユーカリのみ。

[ エリンジューム ]
科/属 : セリ科ヒゴタイサイコ(エリンジューム)属
形 態 : 常緑多年(宿根)草
学 名 : Eryngium
原 産 : 世界中
別 名 : 和名「マツカサアザミ(松笠薊)」

[ バラ ]
科/属 : バラ科バラ属
形 態 : 落葉(ツル性)低木
学 名 : Rosa
原 産 : アジア、ヨーロッパ、中近東、北アメリカ、アフリカの一部 
種 類 : バラは古くから交配でさまざまな品種が生み出されている。その数は3万種とも4万種ともいわれており、今もって新しい品種が次々に誕生している。それらを大雑把に分けると、園芸品種の元となった原種のワイルドローズと、1867年に発表された「ラ・フランス」以前に栽培されていた品種のオールドローズと、「ラ・フランス」以降に品種改良を重ねた品種のモダンローズの3つに分けられる。現在、花屋などで見かけるものはほとんどがモダンローズであ

[ スプレーデルフィ ]
科/属 : キンポウゲ科デルフィニューム(オオヒエンソウ)属
形 態 : 多年草(園芸的には秋まき一年草) 
学 名 : Delphinium
原 産 : ヨーロッパ・アジア・北アメリカ・アフリカの山岳地帯
別 名 : 和名「オオヒエンソウ(大飛燕草)」、別名「ヒエンソウ(飛燕草)」
その他 : 洋ランの仲間
種 類 : 代表的な品種である「パシフィックジャイアント系(エラータム系)」は、分枝せず背の高い花茎の先端に八重咲きで色鮮やかな雄大で見事な花穂が特徴。それ以外には、リトル系、一重咲きでスプレータイプのベラドンナ系、グランディフロラム系、シネンシス系、ラークスーパー系等がある。

[ トルコキキョウ ]
科/属 : リンドウ科トルコギキョウ(ユーストマ)属
形 態 : 一年草  
学 名 : Eustoma
原 産 : 北アメリカ南西部から南部、メキシコ、南アメリカ北部
別 名 :「ユーストマ」「リシアンサス」

[ ドラセナ ]=正しくはコルディリネ・フルティコサ 
科/属 : キジカクシ科センネンボク(コルジリネ)属 ※リュウケツジュ科、リュウゼツラン科で分類される場合もある
形 態 : 常緑低木
学 名 : Cordyline fruticose(旧学名:Cordyline terminalis)
原 産 : 東南アジア、オーストラリア、ニュージーランド
別 名 : 和名「センネンボク(千年木)」、英名「ツリー・オブ・キング」
その他 : 生花店では「コルジリネ・スノーホワイト」「コーディライン・スノーホワイト」「青ドラセナ」の名で売られる。園芸上、姿が似ているので「ドラセナ」と呼ばれることも多いが誤用である。ドラセナ属とは違い、コルジリネ属は地下部に多肉質の根茎があるのが特徴。

コメントを残す