ヘルペス(帯状疱疹)及びPHN(ヘルペス後の神経痛)と鍼灸治療

 ヘルペスは帯状疱疹と単純疱疹に分けられます。単純疱疹は主に口唇ヘルペスと陰部ヘルペスに大別できますが、帯状疱疹と比較すると比較的軽い或いは症状が治まりやすいヘルペスです(再発を繰り返しますが)。これは鍼治療でも比較的簡単に治せます。

 帯状疱疹は過去に罹患した水疱瘡のウイルスが原因で起きる疾患で、主に神経節に隠れていたウイルスが、過労・ストレス・睡眠不足等の原因で免疫力が落ちた時に急激に繁殖して発病します。

 帯状疱疹に対する西洋医学の治療では、抗ウイルス剤或いは抗ヘルペス剤という名前の薬は幾つかありますが、何れもウイルスを殺す薬ではありません。それはウイルスの増殖を抑制する効果しかなく、かつ初期に服用或いは塗布しなければ効きません。そして効くとはいっても、すぐに症状が治まるわけではなく、治癒期間が若干短縮されるだけです。この効能は、インフルエンザウイルスに対する抗ウイルス剤であるタミフルに良く似ています。そして副作用も、タミフルと同じような症状が起こります。下痢や吐き気などの胃腸症状、発疹などの皮膚症状、めまい、眠気、頭痛に加えて、過量になると意識障害や精神変調を起こしやすくなる等があります。

 さらに、併用する薬が問題です。例えば抗癌剤を服用している人は、免疫力が格段に衰えますので、帯状疱疹を発症しやすくなります。そこで抗癌剤と併用して抗ヘルペス剤を用いるとたちまち死亡するという症例が沢山報告されてます。これは、薬のミスマッチという話ではなく、副作用が重なって起きたものと思われますので、普通の人でも仮に症状が現れなくても何らかのマイナス作用は起きていると考えるのが自然でしょう。

 ヘルペスは免疫抵抗力が落ちた時に発症しますので、治療方針としては免疫力を上げるのが第一です。簡単にいえば、同じくウイルスによって発症する風邪に対する対策と同じと考えても良いと思います。風邪には1に暖かくする(冷やさない:身体が冷えると免疫力が下がり、暖かくなると免疫力が上がる⇒だから発熱する)、2に暖かいものを食べて栄養をつける、3に早く休む(活動するとエネルギーが殺がれるので)が基本の養生ですので、これを実践する。そして鍼灸治療は免疫力が上がることが既に立証されてますので、鍼灸治療を行うことで早く治せます。

 (公社)全日本鍼灸学会の元監事、東大医学部卒の外科医で鍼治療を積極的に行っている渡辺裕先生は、ヘルペスを治せない鍼灸師はヘボだと仰っているくらいで、私も同様に思います。

 疱疹は通常2~4週間で治りますが、ヘルペス(帯状疱疹)で最も怖いのはヘルペス後神経痛(PHN)に移行することです。PHNは高齢者ほど移行しやすく60歳代で約半数がなるといわれてます。PHNの苦痛度は千差万別ですが、治す薬はなく痛みを和らげることも難しいので、ひどい場合には自殺する人もいるほどです。鍼治療を行えば、PHNに移行することはまずありません。

 私は当初3人のPHNになってから来院した患者さんを治療しましたが、若干改善はするものの治すことはできませんでした。ところがある日、当院の患者でもある医師から、ある病院の院長が西洋医学をいろいろ試したけれどPHNが治らずに苦しんでいるからと治療依頼があり、自信がないとお断りしたのですが、駄目元でよいというので引き受け、それならばと毎日治療した結果、1ヶ月で大分改善し、2ヶ月でほぼ完治しました。治療回数を週3回以上に増やせば良いのではないかと思い、それからはPHNの患者さんも積極的に引き受け、以後20勝2分けというような成績です。勝ちはほぼ完治(体調が悪いと多少の違和感がある~完全に治った)で、引き分けは痛みはなくなったが多少の違和感やヒリヒリ感が残るというものです。

 治療の開始はPHNを発症してから早く始めた方が治りやすいのは無論ですが、1年以上経過した人でも治っています。現在PHNに移行して4年以上経過した(何をしても治らなかった)患者さんを治療してますが改善しつつあります。

コメントを残す