鍼治療で白内障が良くなるか?

鍼治療で白内障が良くなるか?

<白内障は加齢による不可逆的な症状>
 白内障は水晶体の不可逆的(元に戻すことができない)な変性で、第一の原因は加齢で誰でも起きる現象です。ですから、高齢になればほぼ全員に起きている現象です。ただ、「かすんで見える」「明るいところにでると眩しくなる」「細かい字がはっきり見えない」などの症状の発現の時期や程度に個人差があり、生涯何ともない人もいらっしゃいます。それは、白内障を悪化させる要因は加齢だけでなく、紫外線暴露や通常ステロイドホルモンといわれるプレドニンなどの薬剤によっても悪化します。また、糖尿病も白内障を進行させる大きな要因であり、加齢の個人差以上に大きな個人差があります。
 ただ、いずれも良くすることができない不可逆的なものでありますから、鍼治療を行っても回復する機序があるとは思えないように見えます。

<見るのは目だけではない>
 私たちが「見る」「見えた」というのは、光が目に入って「水晶体」→「硝子体」→「網膜」→「視神経」→「大脳」にいって初めて「見る」ことができます。よって、この経路の何らかの異常があれば、当然「見えにくく」なりますし、それらの異常が改善されれば「見えやすく」なります。鍼治療によって血行が改善したり、自律神経系が整ったりすることでこれらの経路の異常が改善される可能性は当然あり得ます。

<鍼治療で白内障の諸症状は改善できる>
 事実、杏林堂の白内障の患者さんの治療後の感想には「この部屋はこんなに明るかったの!」「40Wが100Wになった!」「眩しくない!」などとおっしゃる方がたくさんいらっしゃいます。もちろん、数時間だけの一時的な方もいらっしゃいますし、2週間以上続く方もいらっしゃいます。そして継続して治療を行うことで、手術を勧められていた方も生涯手術しないで済んだ方もいらっしゃいます。たぶん加齢による白内障の悪化を鍼治療で軽減することもできたのではないかと推測します。
 よって、鍼治療で白内障という病気は治すことができないけれども、白内障が主たる原因で起きているかすむなどの諸症状は改善することができるし、継続することで進行もある程度抑えることができるのではないかということです。

コメントを残す