今週のお花(エンシクリア・ヒマワリ・サンキライ・トルコキキョウ・ヒペリカム・ゴールドスティック・ナルコラン・丸葉ルスカス)

花材:エンシクリア・ヒマワリ・サンキライ・トルコキキョウ・ヒペリカム・ゴールドスティック・ナルコラン・丸葉ルスカス

 DSCN2161

今週は「エンシクリア」という名のお花をいただきました。一見すると褐色を帯びた干し草色で、スモーキーな渋い色合いのエンシクリア。よく見ると黄緑色の花弁に赤紫色の脈が透けています。そんな細長い5つの花弁の真ん中から、白い花弁の中心に同じ赤紫色の脈筋をアクセントに持つ小ぶりのリップが垂れ下がっています。花の形からランの仲間だろうことはわかりますが、とても珍しい。はじめて見ました。

DSCN2168 DSCN2167

お花屋さんに伺ったところ、ランの一種でオンシジュームの改良品種ということでした。ランと言うと、煌びやかで豪華な花のイメージがありますよね。あるいは肉厚な葉や花弁とか、ケバケバしいほど派手な色合いや、時には毒々しい色合いの花弁から、何となくグロテスクな花という印象を持っています。一般的なオンシジュームは花が小さいので主役にこそなりませんが、鮮やかな黄色い花がスズナリについて、やはり華やかですよね。

hanamasa-k_ran-004 オンシジューム

それに比べて今回いただいたエンシクリアは、ランの一種であるにもかかわらず何とも地味な風情ですが、分かれた枝に小さいお花がたくさん付くオンシジュームの特徴は僅かに残っています。そして、5つの花弁が瞬きのようにチラチラと、いくつものお花が付く様は、大人しいけど何ともかわいらしい。野に咲く花のようにも見えます。こんなランもあるのですね。

蔓に緑の実がついた「サンキライ」と白い八重の「トルコキキョウ」の組み合わせは、優しく清楚な感じを受けます。そこに「エンシクリア」のスモーキーな干し草色が加わると、可愛らしさや初々しさが生まれます。この組み合わせはブライダルブーケにとっても似合うでしょうね。今回はそこに「ヒマワリ」と「ヒペリカム」「ゴールドスティック」も加わって、明るく華やかなお花になりました。

コメントを残す