今週のお花(アザミ・芍薬・スプレーカーネーション・スイートピー・サンデリー・ゴッド)

花材:アザミ・芍薬・スプレーカーネーション・スイートピー・サンデリー・ゴッド

DSCN3269

今週は「アザミ」に注目します。牡丹色のメイクブラシのような花姿のお花です。葉に大きく切れ込みがあって、葉の縁に鋭いトゲのあるのが特徴です

アザミは学名をCirsiumといい、キク科アザミ属の多年草の総称です。アザミの仲間は北半球に広く分布し、世界にはおよそ300種、日本だけでも100種類以上あって、日本原産種のほとんどは固有種です。

分布域が広いだけあって、亜熱帯の海岸から亜高山帯、湿地帯や森林など、さまざまな環境に適応し、色んな場所に生えています。そのため先に多年草とは書きましたが、そうでないものもたくさんあります。

また種類が多く、その亜種や変種が見られ、しかもその土地のアザミと交雑して雑種を作ることも珍しくないため、今でも新種が発見されることがあるそうです。このような事情から、アザミの仲間はどれもよく似ていて、品種を見分けるのが難しいことで知られています。

ただ、一般に園芸で多く栽培され、切り花などに利用されているのは、「ノアザミ(Cirsium japonicum)」から改良された「ハナアザミ」と呼ばれる品種群だそうで、杏林堂に頂いたアザミもその一種だろうと思います。

ハナアザミはノアザミから改良された品種群の俗称なので、ハナアザミという名の品種はないのですが、ノアザミの学名にjaponicumとあるように、元は本州から九州にかけて分布する日本の固有種です。このハナアザミ、日本に生えていた固有種を日本で改良した品種群なのに、なぜか「ドイツアザミ」とも呼ばれています。何ででしょうね。

コメントを残す