悪性疾患の鑑別の校了と法改正について

数か月ぶりの投稿ですが今回をもって51回にわたる悪性疾患の鑑別法は校了しました。この原稿は十数年前に数年にわたって医道の日本誌に掲載されたものです。私は昨年より(公社)日本鍼灸師会の法改正準備室室長に任命され、あはき師(按摩マッサージ指圧師はり師きゅう師)の法律217号を改正するための改正案作成作業に忙しくしてたので投稿することができませんでした。先月、仲野会長に答申し、法律を構成する7団体で構成する推進協にも提示することができました。少子高齢化、人口減、医療の高度化の前に医療費削減は急務であります。鍼灸業はドイツ、米国など欧米での国家財政を使った大規模な研究においても、正規の西洋医学医療よりも安全性、経済性、有効性に優れていることが証明されました(すべての疾患ではない)。欧米では医療費削減の切り札として鍼灸を活用しております。日本においては日本の伝統医療にもかかわらず、まだまだそこまで行っておりません。国民のため、国家のためにも良い方向に法改正をしていきたいと思いますが、まだまだ高い壁がいくつも存在しております。今後はこのような話なども含めて投稿していきたいと思っております。小川

コメントを残す