院長が(公社)全日本鍼灸学会顧問に

 院長の小川は(公社)全日本鍼灸学会の元副会長で参与でありましたが、今年度より顧問に就任しました。参与と顧問の違いはいろいろあるかと思いますが、顧問の方が格が上という見方と参与は役員に復帰する可能性のある役職で顧問は一丁上がりという見方があります。もうそういう年齢ですし、開業鍼灸師で本学会の顧問になったのは本学会の法人化にご尽力され名誉会員の黒須先生と黒野先生のお二人しかいらっしゃいませんので大変名誉なことと恐縮しております。

コメントを残す