第66回(公社)全日本鍼灸学会学術大会の会頭に就任(第1報)

 来年の6月、東京大学で行われる第66回(公社)全日本鍼灸学会学術大会の会頭に杏林堂院長の小川卓良が就任することになりました。「世界に誇る日本鍼灸」を大会テーマにして、中国由来の中医鍼灸が世界に幅を利かせている中で日本鍼灸の良いところ世界にアピールしようということであります。実は5年前の第60回東京大会で同様のテーマで日本鍼灸を世界にアピールする予定でしたが、東日本大震災の影響で学術大会を縮小して行わざるを得なく最小限のアピールしかできなかったことがあり捲土重来をいうことでもあります。

コメントを残す